但願人長久

昼間仕事をしながら、フェイ・ウォンの歌を聞いている。その中、『但願人長久』というのがあり、歌詞は蘇軾の詞だった。

蘇軾といえば、漢詩に詳しくない方もじつは彼の名前を知っているはず。彼は宋代の詩人で号は「東坂」( トンポー)で、中華料理屋に行くと、 「トンポーロー」は彼の物語からつけた名前だった。

いきなりお肉の話になり、品が下がってしまったが、その詞は中国では津々浦々に知れ渡るもので、原文と訳文 もネットで見られる。特に最後の部分に深いものがある。

人有悲歡離合、月有陰晴圓缺、此事古难全
但願人長久、千里共嬋娟

人には悲しみと歓び、出会いと別れがあり、月には晴れと曇り、満ち欠けがある、古き世から完全とは難しいもの
ただお互いが長く久しきこと、今宵君も同じ月を見ていることを願うばかりだ

多感な若かった時、よくこの詩を引いて、不遇、失敗、悲しいことにあった人、失恋した友人に贈ったりする。最近自分は外国にいるせいか、「千里」という言葉に非常に引っかかって、遠く遠く離れても同じ月(嬋娟とは月の上で舞う女性のこと)を見上げられるイメージって、とてもきれいではないか。

世の中、喜びもあれば、叶えないものもたくさんあり、ともかく皆さんが健康でよかったという心情になったのも、自分が年が取った印だろう。

これとも関係あるが、土曜日に送別会があった。来月、北京赴任にいくHKさんのため。彼も何回も「2000年ここで中国語を勉強始めて…」と六年の歳月を振り返る。六年前といえば、自分はメールマガジンを出して学生募集に一生懸命にした始めのころだった。彼はそれを読んで教室に来て、その後、埼玉に引越しした後も続けてくれた。

これから奥さんと子供を連れて、新しい生活を始めるには不安もあるだろうか、本当に皆さんが健康で、子供も異国を経験して、複雑なことに対して理解のある子供に成長してもらいたい。

送別会は遅くまで飲んだ。飲むからまた新しい生まれるのも不思議なことだ。

その一つは、GMBさんからの武術の話に引かれて、昨日(日)子供といっしょに彼が通っている武術会の発表会を観にいった。武漢からやってきた先生はいつもニコニコしていたが、自分の番になるときだけ、凛とした表情を顔に浮かばせた。先生の関係かもしれないが、生徒は武術をやるにはいくぶんも文弱にみえるが、彼らによると、中国の文化を知りたいのが目的だった。先生も、中国の武術を広めるために来日、教室を始めたと言っている。
それにしても、3、4年で生徒を百人近く抱えるのに実現させたのは商売繁盛だ。

もう一つは、NTさんは日本語教師資格を獲得したから、ボランティアで教えてみたいという話を聞いた。それなら、自分が参加している東大のメーリングリストに聞いてみようか。日曜日、その話を書いたら、2垳の返事が来ている。ボランティアでなにかをするのは本当にすばらしいこと。

人間が商売というクールな損得打算を越えて、それとはべつの中でつながっていく能力があるから、世の中はすばらしいだと思う。でも、この世の中に生きるために、損得をわきまえずにいかないし、自分まわりの人ばかり得するのも無理な話、ならば、「但願人長久、千里共嬋娟」という気持ちだけでもいいかなと思って、長く書いた。
[PR]
by nschinese | 2006-08-28 13:00 | できごと
<< 皇帝は意外と働き者 初恋 >>