似水年華

f0011015_10364961.jpg上海近くにある烏鎮(wūzhèn)は、日帰りツアーができたため、賑やかになってきたが、数年前は静かなところだった。

もともと上海一帯は、川が町の中を流れて、豊かな水資源に恵まれたが、上海が都市化を進めた中で、たくさんの川を埋めた。いまは道の名前としていくつか残っている。

川というのは、流れていくもの、去っていくものである。
ぼーとしていても、時間だけが去っていく。

だから、孔子が川辺で嘆いた。「子在川上曰,逝者如斯夫,不舎昼夜」(過ぎ去っていくものはこれと同じだ。昼も夜もいつまでも流れていく」。

だから「川の流れのように ゆるやかにいくつも 時代は過ぎて」なのだ。
(これは、私の発明でない。カラオケの時に、美空ひばりの歌が流れる時に、「この歌のイメージは論語からきたのよ」と日本人の先生が教えてくれた。本当かな?!)

年華とは「時間」「時代」のことで。「花様年華」は、「花のような時代」で、それは一番良い時期という意味もあるし、良い時代だったというニュアンスもある。

「似水年華」は、「川のように流れていく時代」であって、「なにもしないことにもったいない」意味もあるし、また流れているが、いつまでもそこらへんにある川の意味もある。

数十年、この町で暮してきたお爺ちゃんにとっても、北京から戻ってきた大学院生にとっても、台湾(賑やかな世界)からやってきてデザイナーにとっても、烏鎮という町は、まさにこのようなイメージの場所だろう

今週から、中級クラスでこのドラマをテキストとして勉強し始めた。

日中通信社(http://www.long-net.com/sishui/)がDVD付き、さらに中日の字幕を全部載せた雑誌を発売した。本当に頑張っていますね。楽しみにしています。
[PR]
by nschinese | 2008-03-28 11:04 | 映画
<< 花見 ( 赏樱花 ) 洋の東西を問わず >>