主語の倒置

  日本語は、長い修飾語の後に主語がきて、その後に短い述語で締めくくる文が多いと思われる。それにたいして、中国語は、主語を短くした方が安定感がある。したがって文の前後位置を変えると、自然な中国語になることができる。
  
  
例a) 赤ちゃんから18歳ぐらいまでを対象にした子供専門写真館はめずらしくない。

(直訳)以婴儿到18岁左右的孩子为对象的儿童专业照相馆也不少。(/也不在少数。/也不罕见。) 
 
(調整後)不少儿童专业照相馆把对象设定为新生婴儿到18岁左右。
 
例b)  さらに上乗せして写真の製本を希望する親も少なくない。
     不少父母希望再加一点钱把照片装订成册。

例c)  チェーン展開する業者もいる。
  一些公司还开了连锁店。

 引用:「一人っ子に愛情注ぐ、子供専門写真館」  朝日新聞『流行前線』
 本教室上級クラスのレッスンでは、以上の文を中国語へ翻訳している。  
[PR]
by nschinese | 2006-02-22 13:39 | 勉強
<< 発音 耳と口 思考タイプ >>