<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

採点中に思うこと

月曜日、期末試験が行われた。
試験の前に、K君が中国語検定4級合格の通知を、私に見せてくれた。
さらに、夏休みに北京に留学にいくそうです。
教師として、うれしかった。

一つクラスは40人前後で、それでも中国語を選択する学生が増え続けているそうだ。
だからと言って、これらの大学生が「親中」とは、まったく思わない。

餃子問題がメディアに盛んに取り上げられたとき、
ある日、電車であったT君から、「中国が怖いね」と言われた。
言っていたT君の表情は、微妙に慎重だった。

私は、むしろ興味があり、聞いてみた。「いま、メディアで中国への批判が多い中、どうして皆さんから、このような問題について、先生に質問する人がいなかったの?」
立場をかえって、私が大学生だったら、おそらく日本人の先生に質問していた。
日中関係についてどう思う?とか。
私が知りたかったのは、いったい、若い人は政治に関心がないのか、それとも遠慮していえなかったか。

彼の答えは、「だってたとえば、中国は海賊版の話とかを、中国の先生に聞いたら、怒られそうでしょう」
そうだったのね。

私は彼に言えたことは、「私たちは若い時から、日本語を勉強して、10数年の中、たくさんの喧嘩を見てきました。親日、反日という感情論に囚われると、不毛な結果になるしかない。できるだけ、相手のことを知ろうとするのが一番大事かもしれない」だった。

日本も、中国も、「日中友好」という大前提に拘る必要がなく、普通の国と国の関係として(どの国とも友好な態度に取ったほうが良いよね)、冷静に日中関係をみることができる若い世代に期待したい。


ゆうべ、中国人作家楊逸さんが、芥川賞を取ったニュースを知り、はやく読んでみたいです。
受賞小説は、天安門事件を触れた小説なので、中国国内でどのように報道されるか、むしろ興味があります。
[PR]
by nschinese | 2008-07-16 09:27

よく寝ていますか。

おはようございます。

今日は朝から暑いですね。
この二週間、まめにブログを書くようになって、読んでくださる方も多くなってきました。
励みになります。ありがとうございます。

最近、読んだ二冊の本、
『人体使用手冊』(人体使用マニュアル)(呉清忠,花城出版社)(中文)
『40歳からの肉体改造 -頑張らないトレーニング』(有吉与志恵ありよし・よしえ 築摩書店)
両方とも睡眠の大切さを指摘しました。

とくに有吉与志恵さん(彼女のブログはこちらから)は、フィットネス業界で働きながら、無理にしてトレーニングするよりも、筋肉をコンディショニング(調整する)方がよい、そして、「睡眠することで、意思による筋活動をお休みして、回復する機能を持っている」というのです。

自分も含めて、周りに夜型の人が多いです。
早く寝るように頑張りましょう。



別件ですが、
しばらく中止していたTECCは、年末に再開するそうです。
事務局から以下の連絡が来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国語コミュニケーション能力検定(TECC )で

あなたの中国語「実践力」を正確に測定!

第20回検定は、12月14(日)に実施いたします!

お申し込み期間は9月1日(月)~11月7日(金)。

中国語学習のペースメーカーに、TECC を!

http://www.tecc-web.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



もうすぐ授業の時間で、皆さんからのお話を楽しみにしています。
[PR]
by nschinese | 2008-07-12 10:00

バランスと言葉を教えること

「余計なことを喋るな」、教えるときに、自分に言い聞かせることがある。
余計なこととは、雰囲気をなごやかにさせる雑談や、文化背景の話ではなく、
文法説明や解釈のことである。

とくに最近、教室で高学年の小学生に教える機会があった。
彼らにむかって「特定の名詞」や「任意の名詞」を説教するのは、
まさに「馬の耳に念仏」。

(ちなみに、中国語では、「对牛弹琴」 。
牛に向かって演奏するってこと。
まあ、そうやって牛のお肉が柔らかくなる効果もあるかもしれない。
それはともかく。)

たとえば、你要吗? と 你要几个? 
大人に教えると、「疑問詞を使うときに「吗」を使わない」という説明が不可欠だし、
それにしても、学生がよく間違う。

(そもそも、こうやっている先生本人も、じつは善意に学生を騙している。
教えて半年後、「じつはね、疑問詞を使う時に、「吗」を使っていいのよ」と説明する。
たとえば、你知道他是谁吗?
ただし、この時に聞いているのは、「知っているか」ということだ。)

ところが、小学生は、言われなくても、最初の段階では間違えない。
理屈を求めない脳が、柔軟的に外の世界のルールにマッチしていく。

(そして、私たち大人は、この点を悪用して、
子供に理不尽の社会「通念」を押し付けていく。)

昨日、彼らの一人がやっと気づいた。
「なんで、教室里有几个人?というとき、 吗を言わないの?」と聞いた。
そして、私が簡単に説明してやった。


考えてみれば、語学レッスンは、体育、音楽、美術に似ている。
分からせるよりも、話せるようにもっていくのが、本来の目標である。
文法説明などは、手段にすぎない。

「言葉は慣れ」と言ってしまえば、教師としての職責を放棄のように聞こえる。
説明しすぎて、いつも「○」「×」と決める先生も、
熱心ではあるが、方法論的に改善する余地がある。

そもそも、バランスが取れているレッスンとは、
鉄棒の逆上がりをやろうとする人が、ギリギリにできるか、できないかというときに、
背中を軽く押し上げることだろう。

強すぎぬ、軽すぎぬ、これがバランスということだ。
[PR]
by nschinese | 2008-07-10 09:30

私の名前の話

日本人の名前に「黒沢さん」と「黒澤さん」が違うように認識されている。
書き間違うと、私の「さわ」は古い「さわ」だと訂正される。

ところが、私が中野区に結婚届けを出したとき、自分の名前を「松涛」と書いたら、
職員さんがしばらく悩んで、康煕辞書を引いたりして、「松濤」にしないとだめと教えて(?)くれた。

仕方なく、結婚届けの紙を汚して、自分の名前に二本の線を引いて、赤い訂正印を押した。
(いま思うと、その訂正印に使った字は「松濤」だった)

パスポート上の書き方とは違うとはいえ、
自分のお爺ちゃんの代までは、「濤」と書くのでいいじゃないかと思うし、
小学校の時に作ったその印鑑にも難しい「濤」を使っているのだ。

ある大学の先生は、メールでいつも「松涛」とせずに、「松濤」を選ぶ。
なにか理由でもあるかと聞いたら、「涛」は当用漢字・常用漢字に入っていないので、
(日本語の規定の中では)俗字であるので、旧字(正字)を使ったほうが正しいと説明してくださった。

それではじめて区役所の職員の悩みを理解できた。
その後、自分も人によって、「涛」と「濤」を半々の頻度で使うようになった。

といっても、じつは恥ずかしい話だが、私は日本に来た最初の時に「濤」という字を書けなかった。
台湾出身の友達に「自分の名前も書けないの?」と笑われたことがある。
いまはもちろん、頑張って覚えた。

とくに娘が漢字を習い始めてから、家でこのような話をする機会が多くなって、
娘が生まれたばかりの時に、親戚の友人が彫ってくれた印鑑を見せ、彼女の名前にある「絵」は「繪」となっている。
漢字の面白さを一つ教えてやった。

要するに、私の中では「沢」でも「澤」でも、「涛」でも「濤」でも同じ漢字である。
そもそも、「漢字」というシステムは、一つの文字に対して多様な書き方が許されるシステムだと考えてよいだろう。
[PR]
by nschinese | 2008-07-09 09:02

山道を歩く

山腹に建てられ、緑に恵まれる大学のキャンパスから、
普段は、駅までの移動は、バスで5分間ぐらいかかる。

今日は今学期の最終日、授業はいつもより早く終わった。
どうせバスを待つのも時間かかるから、一念発起して歩いて山を下りる。

雨の後のむしむしとした空気や草の匂い漂うなかで気持ちよく歩いた。
[PR]
by nschinese | 2008-07-07 22:21

80年代

1980年代は、中国人にとってかなり重要な年代だった。
自分の生活体験で言いますと、その前はお腹いっぱいにすることさえ難しかったが、
80年代から次第にカラーテレビ、冷蔵庫が家に入ってきた。

80年代以降生まれたわかものは「80後」と呼ばれて、
80後作家も世に作品を送り始めた。

友人から映画の知らせが来ており、

「この夏、奇しくも同じ渋谷で、70年代末~80年代を舞台にした
中国第6世代の映画が公開されます。

 『1978年、冬〈西幹道〉』 http://www.1978-winter.com/
 『天安門、恋人たち〈頤和園〉』 http://www.imageforum.co.jp/tenanmon/
( 〉内は原題。」


とりわけぼくが見ると、興味深い内容が含んでいるそうです。

多感な青春時代が映画になったというのは、年齢を感じさせるメッセージでもあるよね。
[PR]
by nschinese | 2008-07-05 09:31

おひさしぶりです!

おひさしぶり~  
ご無沙汰しております~

これっていい言葉だなとつくつく思う。

教室で、「おひさしぶり~」と口にする時の
皆さんの笑顔をみるたびにそう思うのです。

昨日、ブログを書いた時に、
彼女がまだ中国にいるかな、彼はまだ台湾で頑張ってるかな、
と思いが遠くまで飛び回っていた。
(その妄想自体も、とても気持ちのいいものですが)
なんと、午後になると、「ご無沙汰しております」のメールが何件も入ってきて、
まさにシンクロニシティー!
[PR]
by nschinese | 2008-07-04 12:04

もうひとつのことばになりたい

ひとつの地球なのに、数え切れないほどのことば。
                 
おかあさんのことば、国語のセンセイが教えてくれることば        
物理の実験室で使うことば        
お寺のお坊さんと哲学家のことば
       
ひとつ地球なのに     
数え切れないほどのことばがあるこそ
数え切れないほど、世界が違う顔を見せてくれる    

もうひとつの世界に潜り込んでいきたい

それよりも、もう一つのことばになりたい!

もっともっと
島の外に暮している人々の心の中へ 
     
ことばになって
とどいていきたい


・本屋で「ことばになりたい」(一倉 宏 著)というタイトルの本とであって、
ステキなことばだなと感心しました。

youTubeで、この詩がアップされています。
ことばになりたい

すこしイメージを膨らませて、自分の感想をブログに書き残しました。
[PR]
by nschinese | 2008-07-03 11:42