<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レッドクリッフⅡ

『レッドクリッフ』を見て一番感じたのは、現代色の濃い三国史物語りだという点だ。
監督がつけた現代色を読み取ることで、現代の発想を反省することにもつながる。

今日は、まず諸葛孔明の「借東風」のことについて考えよう。

子供のとき、三国史の物語を読む時に、ひとつ疑問をずっと抱いていた。
諸葛孔明の計算のほとんど理解できるが、扇を振って、風向きを変えた処だけはどうも納得できなかった。
もし風向きが変わらなかったら、どうするの?

高校時代、唐の詩人である杜牧の時を読んだ。
折戟沉沙铁未销, 自将磨洗认前期。 东风不与周郎便, 铜雀春深锁二乔。

後半の意味はこうだ。
もし東風が周瑜に助けなければ、周の妻(小喬)や同じ美人のお姉さん(大喬)は、数十年後、曹操が後に立てた銅雀台にさびしく住んでいたのだろう。

ようは、運がよかったという解釈だった。

古代の人は、この運命のことを、諸葛孔明の神通力に理由を求めたが、私たちの現代人はそれに納得しない。なんらかな理由が見つからないと、気がすまない。

映画の中では、1)天候の変化は諸葛孔明の長い農作業の経験から得た知識だ、また2)小喬の色気で曹操の決断力を鈍らせた、とした。かなり「合理的」に説明した。

合理的な解釈でも、「運命」とする解釈でも、あくまでも解釈にすぎない。どっちが正しいよりも、私たちが事実を受け入れる時に、解釈が果した役割の方がもっと重要です。

小さいときに合理的な理由を求めてきた自分は、いろんな失敗を重ねてきた今、「運命」とする解釈も悪くないと思うようになってきた。

そして、このような不況の世の中、激しい競争の世界で、勝ち負け、物事がうまく運ぶかつまずくかは、頻繁に起こる時代に、とくにうまく行かないとき、いちいち理由を求めると、神経はかなり疲れると思う。「うまく行かなかった」ときに、理由を探るよりも、諦めずに頑張ろうとする現代的な価値観も良いが、運命として受け入れ、この運勢の中で自分のベストを尽くし、次の一手を打ったらどうでしょうか。

「運」というのは、ずっと「良い」のままでもなく、ずっと「悪い」ことが続くこともなく、変わるから「運」と呼ぶからですね。
[PR]
by nschinese | 2009-04-15 10:34 | 映画

自転車通勤

自転車通勤を始めました!    
と言っても、家から教室までのことではありません。
歩いても10足らずに着いてしまうので、なんの自慢にもなりません。

毎週金曜日に、本郷に行きますので、今週から自転車で行きました。
青梅街道から新宿へ、それから靖国通りを沿って後楽園まで、最後は急な坂を登って本郷に着きます。
45分ぐらいかかります。

防衛庁の前あたり、外堀両岸の桜がまだ枝に半分残っている季節ということもあって、東京の中心部は樹が多くて、こんなにきれいだと、初めて気づきました。
10数年、この地で暮らしてきたなのに・・・・・・

いままではずっと東京は仕事の場であって、リラックスしたいなら東京を出ようと思っていた。
考え方を変えると、楽しみも増えますね。
[PR]
by nschinese | 2009-04-12 12:09 | できごと

『一博一品』紹介

中国語がわかる方ならご存知ですが、「博客」は、ブログの意味です。
ちなみに、ブロガーは「博主」と言います。
表題の『一博一品』とは、一人のブロガーが料理一品を持ってこい・・・ではなく、
それぞれエッセーを一本出すことです。
総勢30名(多くの方はお互いにあったこともないそうです)が執筆され、それに基づいて編集されたのは、この『一博一品』です。

詳しい内容については、「中国語通訳の手帖」をご覧になってください。

年始に、「中国語通訳の手帖」のwhyさんから本をいただいて、ずっと読んでなくて、ごめんなさい!
作者の何人かは、コメント欄で名前だけ拝見したことがあるので、勝手に知り合いの話を聞いているような気分で一気に読ませていただきました。
異国で生活する人の感想を知ることができるだけでなく、日中二ヶ国語の本なので外国語の勉強にもきっと役にたちます。お勧めです。
[PR]
by nschinese | 2009-04-09 15:32

そんなに? あんなに?

中国では、「这个」、「那个」 という二つの指示語があるに対して、日本語では、「この、その、あの」と三つあります。ぼくはまだ「この、その、あの」を使いこなしていない。この前のブログ「最後まで頑張ります」で「そんなに細かいものを作った国の人だから」と書いた。「あんなに細かいもの」と言うべきじゃないかと指摘された。いったいどう違うか。

「中国語はじめの一歩」(木村英樹著 ちくま新書)によると、「日本語には対象との遠近の差で使い分ける「こ」と「あ」のほかに、対話の相手(聞き手)の領域に属する対象を指す「そ」があります」。

つまり、こういうことだ。

中国語なら、
                那个  
              
           A     这个      B


自分と相手の間なら、「这个」を使い、それ以外は、「那个」を使う。

日本語は、 もしぼくは「A」だったら、以下のようになる。
        
                  あの  
              
           A この        その B

なので、この場にないものは、「そんなに細かいもの」といわずに、「あんなに細かいもの」と言うべきだ。

ただし、「そんなに」も問題ないとおっしゃる日本人がいます。その方にとって、ぼくが中国人なので、中国のものを褒めているので、ぼくの領域に入っている、なので「そんなに」を使っても良いという文脈になるかと思います。
[PR]
by nschinese | 2009-04-07 21:51

試験と選別

昨日、早稲田松竹で、アメリカのインディアナ州ワルシャワの今時の高校生の生活を記録したドキュメンタリー『アメリカン・ティーン』(オフィシャルサイト http://www.americanteen.jp/)を観た後に、神田川にそって中野坂上に歩いて帰ってきた。

日本での最初の花見は、高田馬場の近くの神田川の桜だったので、そちらを歩くと、来日当時のわくわくの気持ちや不安は蘇える。これは、まさに映画の中の大学入試試験の重圧の下に置かれたアメリカ高校生たちの気持ちと重ねる。自分が翻訳したばかりの中国の宋代における科挙競争の話も頭の中で浮かんでくる。

通過した後の時点において振り返ると、失敗したとしても、いつでもやり直す機会があるが、試験に向かう時点において、手に汗をにぎながらぜったい勝ってほしい気持ちいっぱいです。今になって、自分のことよりも、このような複雑な気持ちは、もっと自分の学生や娘たちに向かっている。

おそらく矛盾するのは常で、一方的に正しいことはないでしょう。
意欲に対して限られた機会の前に、選別という意味での試験制度は、私たちを苦しむものでありながら、エネルギーを引き出すものでもあります。その点を見極めて「試験・選別」システムと付き合って行きましょう。
[PR]
by nschinese | 2009-04-02 10:10 | できごと

愚人節

春休みに「まったり」したいと宣言した小学生の長女が、さすがに退屈しはじめ、今日の夕飯に「はやしライス」を作ることにした。

「今日だから、やらなくてもいいのよ。やらなくても、だれも怒ってはいけないよ。」とこっそり長女に言った。

「そうだ!そうだ!・・・でも、他にやることもないし・・・」

「じゃ、はやしライスじゃなくて、カレーライスにしちゃえば・・・」

「う~ん」

さて、夕飯はどうなるかな。
[PR]
by nschinese | 2009-04-01 09:56 | できごと